腰部脊柱管狭窄症

\ このようなお悩みはありませんか? /

腰が痛い
足がしびれてもつれてしまう
長距離を歩けない

腰部脊柱管狭窄症とは?

40代50代になっていくと、椎間板が薄くなっていき、そこに常に圧迫がかかってくると脊柱管と呼ばれるところが狭くなってきて、神経症状が出てくる状態を腰部脊柱管狭窄症と言います。
腰椎の椎間板の変性や骨棘の異常な成長などが原因で、脊柱管内の神経根や脊髄が圧迫される病態です。この圧迫によって、腰や臀部から下肢にかけての痛みやしびれ、筋力低下、歩行障害などが起こることがあります。脊柱管狭窄症は、加齢や過度の負荷、外傷などが原因で発症することがあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症の原因は、先天性の骨形成異常や外傷などによる脊柱管狭窄症もありますが主に加齢に伴う椎間板や関節の変形、腰椎の骨棘の肥大などが考えられます。これらの原因が重なることで、脊柱管内の神経根や脊髄が圧迫され、症状を引き起こします。先天性や外傷以外で起こる腰部脊柱管狭窄症はいずれにせよ腰部に継続的な負荷がかかっている事と筋力低下により骨への負担が増大する事が要因です。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

腰部脊柱管狭窄症の治療法は症状や発症の時期により異なりますが根本的な解決をする為には腰の痛みを抑える事と腰部への負担を減らす事です。
どの筋肉に負担がかかっているかを確認すると同時に痛みを取り除く為にVAピンポイント療法を行います。
腰部の脊柱管への負担を減らす為には身体を支えるインナーマッスルを強化する必要があります。EMSコアトレーニングで脊柱管の負担を取り除く筋力を鍛えます。また、骨格の歪みが負担にならないようにトムソン骨格矯正で脊柱の歪みを整えます。
さらに、ストレッチ矯正で腰部脊柱管狭窄症により硬くなった深層の筋肉を柔軟にし、腰椎周辺の圧迫を軽減します。

腰部脊柱管狭窄症の通院について

当院での腰部脊柱管狭窄症の通院の目安として1〜5回の施術で緩和される方が多いですが重症の場合は数ヶ月から半年程度の施術で症状は改善されます。
※上記の期間はあくまでも目安です。
※症状によって完治までの期間は個人差があります。
また、通院する中で骨の変形が強く、症状の改善が見込めないと判断した場合には専門医へのご相談をおすすめする場合があります。

根本の原因までしっかり治療する事で
痛み・コリ・体の不調を改善し
再発しない体に導きます

どこへ行っても治らなかった
痛み・コリ・体の不調など
まずは無料体験にてご相談ください。

水道筋院
王子公園駅から徒歩5分
JR摩耶駅から徒歩6分
JR尼崎院
JR尼崎駅から徒歩6分

※Web予約は24時間対応しています

ご予約から施術の流れ
予約する
本サイトの「予約する」ボタンよりご予約いただけます。
※ネット予約は24時間対応していますのでいつでもご予約いただけます。
カウンセリング・姿勢分析
現在の症状について、痛みの出始めからの経過や原因を詳しくお聞かせください。また、姿勢分析を行うことで骨盤など体の骨に歪みが出ていないかも確認いたします。
検査・施術
姿勢分析や問診、可動域検査から患者様一人ひとりの痛みやコリ、体の不調の原因を見つけ出し、各症状に対してベストな治療法を行います。
施術後の確認・運動アドバイス
治療だけで終わることなく、患者様の症状が改善し日頃の生活をより快適に行っていただけるよう、一人ひとりに合わせた運動アドバイスを行っています。

根本の原因までしっかり治療する事で
痛み・コリ・体の不調を改善し
再発しない体に導きます

どこへ行っても治らなかった
痛み・コリ・体の不調など
まずは無料体験にてご相談ください。

水道筋院
王子公園駅から徒歩5分
JR摩耶駅から徒歩6分
JR尼崎院
JR尼崎駅から徒歩6分

※Web予約は24時間対応しています